現職の東京都知事小池百合子とはどんな人物なのかまとめてみた!2020年都知事選候補者

Pocket

新型コロナウイルス禍で感染者が再び増加している東京都ですが、来る7/5(日)には東京都知事を決める選挙が行われます。勿論、現東京都知事である小池百合子さんも出馬が決定しております。都知事の給与を、現在半分返納したりニコニコ動画やアベマTVなどのメディアにも出演したりと政治活動に大変欲的な方です。果たして、都知事に再戦することはできるのか結果から目が離せないですね。

今回は、そんな小池百合子さんいついてまとめてみました!

小池百合子って何者?経歴を紹介!

では、小池百合子がどんな人なのかチェックしてみましょう。

氏名:小池百合子(こいけゆりこ)

生年月日:1952年7月15日(67歳)

出生地:兵庫県芦屋市

出身校:関西学院大学社会学部中退 カイロ大学文学部社会学科卒業

前職:ニュースキャスター アラビア語通訳 参議院議員 衆議院議員

所属政党:日本新党→新進党→自由党→保守党→保守党クラブ→自由民主党→都民ファーストの会→希望の党→都民ファーストの会

称号;社会学士(カイロ大学1976年)

第20代:東京都知事(現職)

第一次安倍内閣防衛大臣(2007年)

第1,2,3次小泉内閣環境大臣

内閣府特命担当大臣

衆議院議員(兵庫6区と東京10区などで合計8回当選)

参議院議員(1992年7月26日~1993年7月4日

初代ワールドサテライトキャスター

とても輝かしい経歴の持ち主で、生まれは兵庫県の方なんです。お父様の仕事の都合で、東京都に引っ越し父親の会社関係でエジプトの大学に留学して卒業。

そして、卒業後はアラビア語の通訳やワールドライトサテライト(テレビ東京)の初代キャスターをつとめ、キャスターから転身後政治家となったので親の七光りで政治家になったのはなく自分の力で今の地位を手に入れたかなりの努力家なのです。

小池氏の発言がゲームに?

4月9日内閣において、マスコミにインタビューを求められた時に小池百合子はこういいました。「密です!」この発言は、コロナ禍において密接する環境を作り出すことをやめようと注意喚起の意味をこめてマスコミに対してソーシャルディスタンス(2m以上の距離を取ること)を取るよう注意した映像がテレビで放映されたことがSNS(Twitterなど)で話題となりその様子が面白かったのを受けてパロディ的な意味でソーシャルディスタンスを題材としたゲームが誕生しました。

 その結果、インターネット住人の反応は良くまたたくまに拡散されバズりました。国民がコロナの危険性を意識するよいきっかけとなったといっても過言ではないと言えるでしょう。

 翌日、内閣府でマスコミにインタビューを受けた時に質問に対してしっかりとした対応をしていると小池百合子は「密です!と言ったらあのようなゲームが出来てしまいましたねそういえば。」と自分の発言が、ゲームにまでなってしまったとセンスのある自虐ネタをぶち込んできたのです。普通の政治家なら、不愉快だという感想を述べるところをユーモアのある返しをマスコミにしたことにより器が大きいということが国民に伝わり好感度が一気に上昇しました。確かに、頭の固いだけの政治家ではそのような返しは出来ないと思います。色々なことを経験してきた、小池百合子だからこそできた対応でした。

小池百合子が掲げる今後のビジョン

今回の、コロナ騒動により働き方や人との接し方に対しても国民一人一人の意識は変わりつつあります。そんな中、小池百合子は以下のような考えを打ち出しています。

  • 都民の理解を得られるオリンピックパラリンピックの開催
  • 感染症と風水害・地震などの複合災害への対応
  • オンライン学習による英語力の強化と子供の貧困対策の強化
  • テレワークの推進(三密の防止)フレックス制の定着と制度化・サテライトオフィスの推進

以上のことに力を入れていくと語っています。

2021年に、オリンピックとパラリンピックの延期予定と安倍晋三首相から発表がされましたが開催運営をするのは東京都です。オリンピックによる経済効果を期待して、誘致をした結果新型コロナウイルスにより逆に大打撃を受けてしまった人が多いのは事実です。そのために、企業が倒産したり職を失う人が多く露頭に迷ったりしている人が出ています。雇用対策に関しても対策が求められますがまずは今の状況下を打開する策を打ち出さなければなりません。リモートワークが推進され、働き方に対する考え方も大幅に変わっていくことでしょう。飲食店や風俗街の営業自粛も大事ですが、東京の場合は朝夕のラッシュ緩和をすることが必要不可欠です。そのために上記のような策を提案し企業側に促すことは至極当たり前のことではあります。また、学校なども自体が収束に向かうよう休校措置が取られていましたが今は再開をして学力低下を防止する必要があります。これからの時代、英語は日本の第二公用語を目標とし学業に臨むべきだと思うので私自身は小池都知事の考え方には賛成したいと思います。感染症のリスクが緩和されるまでは、今の生活様式を変えていく必要があるので小池都知事には頑張っていただきたいですね。

都知事選前に小池百合子をより深く理解したい方はこの書籍を読みましょう。

今、ベストセラーになっている「女帝 小池百合子 /石井 妙子著」ですが、支持者もそうでない人も、ぜひ一度読んで見るべきでしょう。

3年以上の綿密な取材によって、書かれたこの本では彼女の立身出世のヒストリーや隠れた人間性を描き出しています。読者のレビューで目につくのがサイコパス(psychopath)という単語です。精神の用語で、反社会的人格を持つ人の事を表しています。

小池百合子のまとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、現東京都知事小池百合子についてまとめてみました。今回の都知事選ではオンラインでの選挙戦略に切り替えて、街頭演説は行わないようですが、ニュースで小池百合子が圧倒的に優位と報じられています。キャスターから政治家という輝かしい経歴をお持ちで、サイコパスとも噂され、おまけにユーモアのある小池百合子をあなたは応援したいと思いますか?東京都知事選挙は7/5です。あなたの一票が、政治に影響を及ぼします。面倒くさがらずに必ず投票しに行きましょう。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »
テキストのコピーはできません。