広告

ディープフェイクとは何か?AIが作り出す顔の表情と声の技術が凄い

Pocket

ディープフェイクとは何か?

ディープフェイクという言葉が、日本にも浸透してきた。

ハリウッド映画のような大規模な予算を投じなければ出来なかった。

動く人物の合成動画が作成出来るというのだ。

ディープフェイクとは? (IT用語辞典バイナリより)

高度な画像生成技術駆使して合成され、偽物フェイク)とは容易に見抜けないほど作り込まれたニセ動画通称である。

ディープフェイクと呼ばれる動画AI人工知能)を使って極めて高度に自然に画像合成が施されており、ニセモノであると知らされていなければニセモノ見破ることは容易でない。

オリジナル・キャストに拘り動画を自主制作する者も

この技術が大衆に知れ渡ったら、人々は気軽に静止画や動画をSNSにUPすることは大きなリスクになるだろう。

AI技術は、発展する一方で生身の人間が安全に暮らせるようなルール作りが求められるだろう。

動画製作者の中には、オリジナルキャストの出演に拘り、自主的に編集した動画を作り出すものもいるという。

DeepFakesビデオコレクション

誰がそれを止めるのだろう?
DeepFakesは人間の生活にとって大きな危険があります。 写真やビデオをソーシャルメディアで共有することには注意が必要です。
これらの偽のビデオは、既にインターネット上で利用可能な無料の機械学習ソフトウェアを使用して簡単に生成することができます。

トム・クルーズのフェイクは、見破れるが。見ているうちに他のものの判別が容易で無くなってくるのは私だけだろうか?

昔、鬼武者2というTVゲームで松田優作が主演した。

昔、日本でも鬼武者2というTVゲームで死後の松田優作が、主演したことがあった。(2002年3月)

 

まとめ、AI技術のポジティブな利用を望む

これから、技術が進歩すれば、往年のアイドルや俳優が若いイメージのままで別の作品に出演する事も可能になるかもしれない。

また、体調不良で出演できなくなった俳優の代わりにAIがその役割をこなす事が出来るだろう。

AIは眉やまつ毛、目や口の動きを機械学習して、再現することが出来る。

完全なバーチャルアイドルや俳優やモデルも、近い将来デビューするようになるのかもしれない。

動画の顔を変えるアプリはこちら FakeApp 自分がバーチャルで映画に出演したり出来るかもしれない。

私達の脳は、AIの作り出すフェイクを本物と判別出来なくなるだろう。

この技術が平和の為に使われることを祈る。

悪用されて、不適切な動画が作られて、政治利用されたり、個人の中傷に繋がるような事は避けなければならない。

 

 

広告
スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »
テキストのコピーはできません。