究極の動画編集!AVディープフェイクで全国初の逮捕者! 技術は人間の煩悩で進化し時代を変えていく

Pocket

激動の2020年 / 令和2年も残す所、残り3ヶ月を切ったが脳内がお花畑の中高年には、理解できないニュースが立て続けに流れてきた。

逮捕されたのは、熊本の大学生・林田拓海容疑者(21)と兵庫のSE・大槻隆信容疑者(47)。デジタルに強い若者と中年の組み合わせだ。

ディープフェイクのAVを見ようと検索する中高年や一般人が増えると思うが、その行為は危険なので欲望はコントロールして控えてほしい。
いつの時代も、ビジネスモデルを変革してきたのは人間の下世話な欲望であり、文学者・芸能人・一般人・政治家と属性を問わず、その流れの影響を受ける事になる。
特にビジュアルのエロは、男の本能をダイレクトに刺激するので、依存症になり道を踏み外す人もいるだろう。

ディープフェイクを知らない中高年やネット初心者の方に、解りやすく説明すると、それは昔からある、女性の顔のすげ替え写真が、動画に変わった物です。もちろん、本人の許可を得ている訳は無く、AVの顔の部分だけを精巧にすり替える事によって、男の欲望を満たして、それでお金儲けをするというシンプルなシノギです。

ただ、誰でも出来る訳ではなく、ハイスペックなPCと編集するスキルにモチベーションが必要なのである。法整備が追いつかないグレーゾーンに、お金儲けのタネは埋まっているものであり、今回の全国初の逮捕者のニュースは、デジタルトランスフォーメーションで世界が大きく変革する時代を象徴している内容だと感じました。

人間は生きている限りサバイバルです。昭和時代の、国民総中流の社会は既に失われました。最近、性欲や体力が今ひとつだと感じる中高年の方は、エロ雑誌やビデオを見まくった青春を取り戻すために、頑張ってネットサーフィン(死語だな)をしてアンダーグラウンドの世界を知ってみるのも、脳への刺激になっていいかもしれません。

スポンサーリンク