ゴルフ初心者初ラウンドの為のおススメのガジェット3点

Pocket

ゴルフに再デビューして約一年、他のゴルファーのようにいくつものグッズに手を出してきました。
数々のミスを重ねながらも、最近は普通にラウンド出来るようになりました。
その中でも、捨てたり売ったりせずに、上達へ役に立ったと思えるガジェットを3点紹介します。

  1.  ユピテル スイング 練習機

  • この小さなスマホのようなな端末は、スイングスピードを計測出来る安価な機械です。
    これがあれば、古くて小さな練習場でも、ドライバーからアイアンの推定飛距離を見ることが出来ます。

    思うように給料も上がらずお小遣いが厳しい方は、彼女や奥さんのご機嫌を伺いながらこっそり練習しています。
    安い練習場を探すコツはボール単価を求める事です。

    田舎へ行けば行くほど、ボール単価は下がります。
    打ち放題の練習場がフォームの固まっていない初心者には安心です。

 ユピテルのスイングトレーナーにはいくつかの型式がありますが、この型はBluetoothで自分のスマホアプリと連動させて
履歴を残してデータを分析することも出来ます。

使い方はドライバーやユーティリティー、アイアンならば後方2m位の箇所に床置きします。
筆者は最初ドライバーで機械を壊してしまうのではと冷や冷やしながら、スイングを始めたものです。
付属の取り外し可能なプラスチックスタンドを使用すると、アングルを微調整できるのがいいところです。


2. パター練習用オートリターンマット & アプローチ練習ネット

通常パター練習機というと3000円以下の安価な物をスクールでも自宅でも使い始めますが
せっかくの紳士のスポーツに取り組むなら、練習器具への投資は怠らずにいきたいところです。
このAmazonでのセットはオートリターン式のパターマットとアプローチ練習用の器具のセットとなっており
とてもコストパフォーマンスが高く、レッスンプロへの指導料やラウンド料金が負担な方へのおススメとなります。

オートリターンは電源ボタンを押した状態であれば、自動的に打つ位置までパチーンと球を返してくれるので
腰や膝が痛くて不安な方には嬉しい機能です。

初心者あるあるですが、ドライバーを野球のように振り回して、250から300ヤードを狙っちゃうヤツです。
スイングがバラバラな内に、これを何百球も繰り返すと下手な癖が固まってしまいます。
スコアをマネジメントしたいならば、短い距離や小さな動きから覚えていくのが
上達への近道です。

初心者がコースに出る時に不安なのは上手く打てるだろうか?とか
周囲の人に迷惑をかけないだろうか?とかOBや池など心配は多岐にわたります。

資格試験でも、スポーツでも練習や努力は必要ですが
効率よく情報を事前に集めておく必要があります。

毎日の仕事と家庭サービスでお疲れの時には、眠くてついつい
コースレイアウトを確認出来なかったりします。

そんな時の心の支えがこのゴルフナビです。
最近はスマホアプリで見たり、腕時計型を買う方もいますが
私はこの液晶の大きなハンディタイプを使っています。

ゴルフ場へ行くと、GPSが自動的にホールの場所を特定してくれます。
コースへ着くまでは、簡易的なプレビュー表示です。
スマホアプリや腕時計型などの機器を使うとしても
様々な事に気が散ってしまう初心者は、極力やることを少なくして
打つこととスコアをまとめる事に集中したいです。

これがあれば、OBになりやすい方向やハザードになりそうな
危ないルートが事前に判りますので。
当日の本番で無駄な気力を使わずにスコアメイクに専念出来ます。

3. ユピテル(YUPITERU) ゴルフナビ YGN7000

ユピテルは、様々なゴルフ機器を扱っているメーカーで
インターネットが苦手な私でも、サポートの女性が親切に使い方を教えてくれたので
安心してコースラウンドを終えることが出来ました。

ゴルフでプレーを楽しみながら、ビジネスも発展させたい方には
これらの投資は、確実なスキルを積み上げられる価値のある物です。

これらのゴルフアイテムを買うならAmazonが速くて価格も公正で安心感がダントツです。
Amazon Primeなら 村田諒太のボクシング世界戦が配信されたように
サブスクであらゆる物を配達してもらえるだけでなく
映像作品を自宅や通勤時間に見ることも可能です。

スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください